Author Archives: BSA

平塚市に署名を提出しました。

2月から5月にかけて書面とオンラインで実施した署名(合計50,292筆)を9月14日に平塚市へ提出しました。

「平塚をシン・スタジアムがある街に」協議会会長の平塚青年会議所柳田理事長から署名を提出するにあたり、平塚市に対して以下のような挨拶がありました。

「平塚市における湘南地域らしいスポーツ文化の振興・発展はとても大事なことで、プロのサッカーチームのスタジアムがあるおとは平塚の個性であり、誇りでもあります。平塚市の知名度アップ、経済効果、スポーツ振興など様々な面において重要な存在となっております。
「子育てするなら平塚」、「誰もが住みたくなる街、平塚」、「宝であるベルマーレがある街」としての現状、そして将来的なまちづくりの観点からも、スタジアムの在り方について話し合ってまいりたいと思います。スタジアムの設置や維持等には、行政をはじめ多くの支援無しでは難しいのが現状です。
本日は、趣旨に賛同いただいた50,292筆の署名とともに要望いたします。」

また平塚商工会議所の常盤会頭も席上、以下のコメントをされています。

「スタジアムの設置や維持には、これまで行政の支援なくしては難しく、これからも同様です。平塚市に湘南ベルマーレの本拠地となるスタジアムが存続できますよう行政としての役割やいただける支援、湘南ベルマーレとしての役割、商工会議所などの団体を含む市民ができることなどを踏まえ検討する組織をいただきますようお願いいたします。」

これに対して、今回署名を受け取った平塚市今井副市長からは「サポーターをはじめ関係者の皆さんの熱い思いが入っていると真摯に受け止める」とコメントをいただいています。

なお今回の署名提出ついては各社から報道されています。

毎日新聞(9/15)「サッカーJ1 湘南ベルマーレ、新スタジアムを 平塚市に署名簿提出」
https://mainichi.jp/articles/20230915/ddl/k14/050/079000c

東京新聞(9/15)「ベルマーレ スタジアム建設問題「平塚存続」5万人署名提出 市とチームに溝、ファン焦り」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/277499

神奈川新聞(9/14)「ベルマーレ本拠地、平塚に存続を 市民らが署名5万筆を提出」
https://www.kanaloco.jp/news/life/article-1019965.html

平塚市議会9月定例会でスタジアムに関する質問がありました。

平塚市議会9月定例会において諸伏市議会議員から「湘南ベルマーレの対応」について質問がありました。

平塚市議会録画中継はこちらからご覧になれます(議事が公開されるまで録画は閲覧可能です)。
https://hiratsuka-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=1031

なお今回の質疑内容の概要は以下のようになっています。

質問内容:湘南ベルマーレへの対応について

【総括質問】(9分50秒~)
諸伏議員:
(1)レモンガススタジアム平塚には老朽化等の問題があり、Jリーグのクラブライセンス制度の一部を満たしていない状況を踏まえて、令和4年10月に湘南ベルマーレから新スタジアムを平塚市総合公園内に建設することを提案されている。
このベルマーレらの提案について、湘南ベルマーレが示した提案は何か、また市民への説明責任をどのように捉えているのか。

(2)新スタジアムに対する平塚市の考えについて
令和5年5月に事前相談のあった新スタジアム計画のうち、総合公園以外の民有地に建設する案について、平塚市の考えを湘南ベルマーレに回答したが、今後の対応について伺う。

企画政策部長:
令和4年10月に湘南ベルマーレから総合公園内に多機能複合型施設を建設する考えが示されたが、令和4年11月に財源や費用負担が不明瞭であったり、総合公園内への建設ではクリアすべき課題がある旨を回答した。
令和5年5月の事前相談における新スタジアム計画では、民有地を利用した上で総合公園内に建設する案と、民有地に建設する案の2案に加え、事業スキームや建設費用の半額(約70億円)を市に負担を求める内容が提案された。
具体的な提案内容に関しては現段階では公表できないが、市長定例会見や6月市議会定例会において、これまでの経過を説明しており、今後も協議の進捗に応じて情報を発信する。

令和5年5月にベルマーレから提案された計画案については夏までに市の返答を求められていたことから、課題を整理し、8月3日にベルマーレ側へ伝え、今後も協議をしていくことを共有した。現時点は市の考えはベルマーレへ示したので、市としては対応を見守っている。

【個別質問】(51分30秒~)
諸伏議員:
総合公園内の新スタジアム建設は都市公園法による建ぺい率に問題があり、建設は難しいという判断でよろしいか。

企画政策部長:
都市公園法において建築できる特例施設の建築面積は公園面積の10%以下とされているので、現状では新スタジアムを作ることはできない。

諸伏議員:
総合公園は大規模災害時の自衛隊や関係機関の拠点となるため、新スタジアム建設は難しいという判断でよろしいか。

企画政策部長:
総合公園は防災用の資材を備蓄しており、救援物資を受け入れる際には平塚市の総合防災基地や県の広域防災活動拠点の役割も担っている。

諸伏議員:
湘南ベルマーレから建設費の半分(約70億円)の負担を市に求めていることについて、平塚市にとってどれだけ大きいのか。

企画政策部長:
平塚市役所本庁舎は145億円かかっているが、市は131億円を負担している。この庁舎を建設するために平成元年から20年かけて庁舎建設基金を70億円積み立てた。それだけ大きな額だと考えている。

諸伏議員:
このスタジアム問題の本質はどこにあるのか見解を伺いたい。

企画政策部長:
ベルマーレもこれをわがままで言っているのではなく、背景には収容人数や屋根といったJリーグのスタジアム基準がある。
それをクリアするためにベルマーレは今回の提案をしているが、建物だけで140億円で、土地の代金は入っていない。
巨額の費用がかかるスタジアムを持てるのは、都道府県や政令市、大企業が付いているところで、人口25万8千人の平塚市の財政状況では70億円を出せる状況ではなく、同じような規模の都市も同じであり、Jリーグのスタジアム基準を地方の都市がどう解決していくことが問題の本質であると思っている。

諸伏議員:
広島市は平塚市より5倍程大きい市だが、スタジアムの建設にあたっては20億円出したのがやっとだという状況なので、70億円というのは非常に大きい数字だ。
それでも現在のレモンガススタジアム平塚の老朽化や屋根、収容人数など湘南ベルマーレが抱えている課題は共有できていると思うが、市長にはレモンガススタジアム平塚の改修について見解を伺いたい。

落合平塚市長:
これまで平塚市がベルマーレに対して支援をしてきたが、その中で基準に合わせたスタジアムをベルマーレが作りたい、それを平塚市がどこまでバックアップしていくかというのは問題があると思う。
平塚市はできる限りのことをやってきたが、新スタジアムを作ることを平塚市に一緒にやらないけないと言われる立場ではないと思う。
平塚市が球団を持っているのではなく、ずっと応援してきたが、それをもってベルマーレの新スタジアムづくりにすべて平塚市に責任があるというのはちょっと違う話だ。
70億円は市民の税金なので、平塚市の責任、ベルマーレが取り組む方向性について、話し合いをしながら進めていこうというのが今の段階です。
スタジアム基準に合わせて改修することを条件に新スタジアムの話をやめるということは考えておらず、ベルマーレにも伝えている。
今の段階でJリーグの基準に合わせて改修をしていくというのは、これからの話し合いの中で考えていくという段階にあると思っている。

平塚市議会6月定例会でスタジアムに関する質問がありました。

平塚市議会6月定例会において片倉市議会議員から「レモンガススタジアム平塚の改修」について質問がありました。

この質疑部分も含めてTVKのニュースで報道がされました。

テレビ神奈川ニュース(6月16日)「ベルマーレ新スタジアム計画で波紋 すれ違う思惑」
https://news.yahoo.co.jp/articles/d4e44d06f4b050e822e3db00f4cf0c0da0ce3093

議会の内容はSCNやインターネットで生中継されますが、インターネットでの録画中継は本会議終了後5日(土日を除く)後に配信開始されるため、現在は閲覧することができません(また配信期間は本会議議事録がアップされるまでになります)。

平塚市議会録画中継はこちらからご覧になれます(現在、当該の質問は公開前のため視聴不可)。
https://hiratsuka-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=gikai_days_list&gikai_id=71

なお今回の質疑内容は以下のようになっています。

質問内容:レモンガススタジアム平塚の改修について

答弁(都市整備部長):
①これまでJリーグ加盟時の大規模改修をはじめ、Jリーグの基準を満たすための以下の改修に取り組んできた。
 ・メインスタンド170席、バックスタンド462席の増設
 ・審判室、トイレ、シャワー室の設置
 ・照明のLED化
②2023年Jリーグ基準を満たしていない点について、屋根が客席の1/3以上を覆うという基準を「満たしていないことは認識」
③現在の支援
 ・株主としての出資、施設使用料の減免など資金面の支援(令和3年度の減免額は約4,830万円)
④新たな提案(新スタジアム)について
 ・5/17にクラブから2案が提案された
 <1案>公園内への建設 →市の子育て政策のシンボルで、市民の理解を得るのは困難『市としては受け入れられない』
 <2案>隣接民有地   →地権者の意向確認など様々な課題を整理する必要があるが、建設費の負担自体、人口規模・財政状況を鑑みて困難

質問(片倉市議):Jリーグ加盟時の改修に係る検討委員会の答申から、基準を満たしていない屋根については、進めて行くというという認識でいいか?

答弁(企画政策部長):
順次進めてきたが、新スタジアム構想が出されたので一時中断している。

質問(片倉市議):現スタジアムの改修でいいとなれば、それはやるつもりがあるのか?

答弁(企画政策部長):
新スタジアムの事前相談が出されたので、どういう課題があるか庁内各所に照会している最中。 改修をどうするかを考えるのは、クラブに回答した後の話だ。

質問(片倉市議):市長はベルマーレを「市の宝」と言っている。 私も、公園内での新設はなかなか厳しいなと。
計画が元に戻って、現スタジアムの改修でとなった場合にどうするか、再度問う。

答弁(落合市長):
昨年提案があり、課題を指摘して返した。この5月に再度提案があった。クラブ側は指摘をクリアしたと言っているようだが、公園内での新設は困難だと言ったのにあえてまた公園内を提案してきた。
現在、どういう問題があるかを再度返す。 市の回答がNOだからと言って、平塚にいる、いられないと突き付けられても、それは筋違いではないか。クラブ側が言い出したことだ。
「現スタジアムで頑張ってくれ」という意味で改修、減免など最大限の支援をしてきた。
それを逆に捉え、応援が足らないと言われても納得が行かない。 現提案に返答をし、クラブがどう判断するか。 改修の話はその後だ。

質問(片倉市議):おっしゃる通りだ。 市民やサポーターからも宝だという声は聞いている。 改めて見解があれば聞きたい。

答弁(落合市長):
決してベルマーレを応援しないわけではなく、「個人的にも大好き」で色々応援してきた。
ただ、提案を出され、市が返したということに対して、やっぱりちゃんと「けじめ」を付けていただかないと。
多額の税金を使って新設するということは大変難しいことだし、そうなれば議会にもそれを示さなければならないが、「議会もそれにはなかなかウンと言えないのではないか」
ベルマーレには賢明な判断を求めたい。

スタジアム建設計画提案への平塚市の反応について

5月17日に(株)湘南メディアスタジアムが平塚市へスタジアム建設計画を提案した後、5月30日に行われた平塚市長の定例会見でスタジアムに関する質疑応答が行われています。

平塚市長5月定例会見(5月30日)(その他の質問にスタジアムに関する質疑あり)
https://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/press/page02_e00001_02197.html

今回の質疑応答に関して、各所で報道がされています。

湘南ジャーナル(5月31日)「新スタジアム提案を平塚市へ提出 クラブと市の温度差浮き彫りに」
https://shonan-journal.com/magazine/29450/

タウンニュース平塚版(6月8日)「ベルマーレ新スタジアム「無理な提案突きつけられた」クラブ側提案に落合市長」
https://www.townnews.co.jp/0605/2023/06/08/682022.html

タウンニュース茅ヶ崎版(6月9日)「湘南ベルマーレ 新スタジアム建設を提案 平塚市は難色を示す」
https://www.townnews.co.jp/0603/2023/06/09/682081.html

(株)湘南メディアスタジアムの平塚市への新スタジアム計画の提案について

株式会社湘南メディアスタジアムが、5月17日に平塚市へ新スタジアム計画の提案を行ったことが報道されています。

朝日新聞(5/26)「ベルマーレが新スタジアム計画 平塚市総合公園内で建設費142億円」
https://www.asahi.com/articles/ASR5T7SY2R5TULOB003.html?ref=smartnews

読売新聞(5/26)「ベルマーレ 新スタジアム候補2か所」
https://www.yomiuri.co.jp/local/kanagawa/news/20230525-OYTNT50161/

TVKニュース(5/26)「Jリーグ・湘南ベルマーレ 新スタジアム計画を平塚市に提出」
https://nordot.app/1034684423831339137

株式会社湘南メディアスタジアムの佐藤社長には、5月3日の柏レイソル戦の前に行ったサポーターミーティングにおいて、この新スタジアム計画について説明をいただきました。
当日は場所によって聞きづらかったり、参加できなかった方のために、佐藤さんにお話しいただい内容を掲載します。(佐藤さんには掲載の了解をいただいています。)
長文ですが、佐藤さんのスタジアム建設にかける想いの詰まった内容になっていますので、お読みいただければ幸いです。

「さかのぼると、この中にも前回の署名活動に参加された方はいると思いますが、2013年から2014年にスタジアム改修の署名活動をサポーターで展開してきました。
 その時の背景というのは平塚のスタジアムというのが残念ながら、J1の規格を満たしていないことが明らかになった。例えば屋根、本来であれば全部屋根で覆われていなくてはならないのが基準、暫定で1/3という基準もあるが残念ながら満たしていない。
 それからコンコースが周回できるほうが良いとかいくつかあるんですけれど、そういったことと、もう1つその当時ベルマーレがJ1に上がり始めて、やっぱり本当にもっといい環境でサッカーを見たいなっていうのも多分みんなの気持ちの中であったというふうに思います。その署名というのは3万4千超筆を集めて平塚市に提出をしました。

 そういう動きがあり、2014年に平塚市を中心に検討会議というのを設置してもらって、2015年にその検討会議が報告書を提出しており、どこかで閲覧できるはずですが、その報告書によると非常にかいつまんで言うと、全部改修すると、それってあの等々力がそうなんですけれど、130億かかります。
 それで部分改修っていうと例えば屋根は付けなきゃいけないんですけれど、それをやると50数億から80数億掛かります。平塚の財政を考えるとちょっと全面改修は現実的ではないので部分改修にしましょうというのがその報告で、それに基づいて市は毎年予算をとって、少しずつ環境を良くしてくれている。

 ただJリーグの基準を満たしていないという状況は継続していて、なかなかそこには手が付いていない。
 そういうような背景がこれまであったんですが、なぜ今私たちがスタジアムが必要だと考えているかということを少し話をすると、1つにはさっきのJリーグの基準というのはありますけど、それよりもこうやってベルマーレがしっかりJ1に定着をし始めて、野々村チェアマンも言っているんですけれど、サッカーの魅力というのはフットボールそのもの、それとコアなサポーターが作り出す熱気と、それからスタジアムの雰囲気の三つで、我々やっぱり他のスタジアムを見に行っても、本当に皆さんもベルマーレの選手を専用スタジアムで見たいなと思うでしょうし、我々もそうやって若い選手を育てたいという風に考えています。

 それからもう1つあるのは坂本副社長GMをトップとして新しいチャレンジをしようとしています。
 その中で今、事業規模っていうのは25億円くらい。これをJリーグのトップが60から80億円くらいありますが、いきなりそこではない30億、35億円に進化し、クラブとして地域に愛されながら着実に進化していくというのは当然だと思います。
 そのためにはやっぱりスタジアムのキャパが必要で、2万人のキャパのスタジアムがあれば、今ベルマーレの入場料収入は4億円くらいだけれど、Jリーグの他のクラブだと9億から10億円くらいになります。
 それだけ入場料収入は増えながらクラブを強化していけるというのがベルマーレサイドから見たスタジアムの必要性。これに賛同して協議会を設立して活動してもらっているというのがこれまでの経緯になります。

 それで今どういう状況かというと、コロナの前から検討はしていて、去年の10月に平塚市の方にベルマーレとして、1つの提案を出しました。
 それは具体的には総合公園の南東の角に専用スタジアムを造る。
 そこでは音楽イベントもできるし、それから防災の拠点にもなる。その提案というのは実は提案書にはなっていなくてコンセプトの紙パッケージでした。
 それなので例えばメディアだとか議会の答弁で市のほうからベルマーレから具体的な提案がないというのはこれは事実で、まだそこには至っていなかったというか敢えてそうしなかったですけども、そういうものを平塚市に投げてみました。
 そこには例えば財源はどうしますか、そもそも事業費がどれくらいかかりますかといったのは、無い状態がこれまででした。

 ただ口頭で平塚市とは話をして、その中で平塚市のほうからは課題というものを提示いただいています。
 建ぺい率というのは公園法では10%なんですが、こういうスタジアムができちゃうと超えるけれどどうするのとか、そもそも財源はどうするんですかとか、市民の憩いの場である総合公園との整合性はどうするんですか、ある意味まっとうな課題を平塚市から提示されています。

 それでまさに我々は来週になりますけれど、平塚市のほうにそういったことを含めた課題をこういったことでクリアしませんかということだとか、財源、事業規模、それから経済効果、税収はこれくらい増えるんじゃないですかということをパッケージにした提案を来週提出する予定でいます。
 来週提出するので今日はまだ具体的な事までは話せないんですが、ちょっとだけ話をすると場所は最初の案と同じ総合公園の南東の角です。腹案として周辺の空いている土地というのは提示しています。

 2万人規模の防災規模を持ったスタジアムを作ろうとすると今、資材が高騰しているので132億円の建設費というのが弾き出されていて、プラス設計で10億円掛かるんですが、それぐらいの事業費になるよということと、半分はベルマーレとメディアスタジアムのほうで民活という言い方がありますけども、例えば企業版ふるさと納税であったり、補助金等も集めます、と。
 そして半分は平塚市の財政で何とかしていただけませんかという提案になります。
 半分といっても相当な額なんで平塚市が簡単にうんとは言えない難しい課題なんですけれども、その根拠の1つとして、さっき最初に言った検討会議の答申ででてきた報告書で、部分改修でもやっぱり50数億から80数億かかるよと、今それに基づいて改修を少しずつやっていくことを考えればここで新しいスタジアムにそれだけの同じお金を投下してもらえませんかっていうのが我々の提案になります。

<追記分>今、建設計画を急いで進めているのは、時間軸でのリスクが少なくとも二つあるからで、資金計画のうち民活分の主な財源として期待している「企業版ふるさと納税制度」は令和6年度中、すなわち2025年3月末までであること、また近く復活するであろうtotoの助成金も有力な財源ですが、全国でスタジアム建設計画が進んでいて、遅れるとお金が回ってこない可能性があること、この二つのリスクがあるので、スピード感をもって進めたいと考えています。

 これが現在地です。

 これからですけれども、平塚市に提案して我々としてはとにかく平塚市に検討のテーブルに一緒についていただくと。 全てはそこからいうふうに思っています。
 検討する材料がなかったので材料を出しまして、もちろん課題はいくつか合わせて、この皆さん方の中にも平塚市民はいらして、スタジアムは賛成だけど総合公園はなぁって思われる方もいらっしゃると思うんですよ。当たり前だと思います。
 市民の中で賛否両論があって当たり前の議論だと思います。
 それなので平塚市に対しては、我々が出したものに対してダメだよって返すだけではなく、どうやったら課題をクリアできるか、課題がクリアできないのであれば代替案としてどんなことがあるか、といったようなことをぜひ同じテーブルについて話をしましょうということをこれから僕らは進めていきたいという風に考えています。

 署名活動について、我々から見たときの意味合いなんですけれども、この2月にサポーターズ協議会と平塚商工会議所が中心になって「シン・スタジアムがある街に」という協議会が設置されて、署名活動をしてもらってます。
 それはもちろん平塚市はよく民意と言うんですが、民意としてスタジアムが欲しいという声を届ける。
 それはベルマーレサポーターだけじゃなくて、サッカーファミリーだったり、それから平塚市や周辺の人たちの声を届けるという意味ももちろんあるけれども、さっき僕が言ったようなこれからのプロセスを後押しするというのかな、平塚市にちゃんと一緒にテーブルについてもらうそれを後押しするための署名の数だというふうに考えています。

 署名があるからやるっていう話にはならないと、今の説明で少しはご理解いただいたかと思いますが、同時に我々の提案だったり、署名皆さんの声こういったものは非常に大事になる。
 その提案書っていうのはいずれ皆さんにもオープンに考えていますけれども、今日は話せるのはだいたいここの辺りまでです。
 けれどもぜひご理解をいただいてこれからもベルマーレ、メディアスタジアムと新しいスタジアムの計画をぜひバックアップしていただければというふうに思います。」