Author Archives: BSA

茅ヶ崎でのスタジアム誘致の署名活動が報じられています。

このHPでもお伝えしている茅ヶ崎でのスタジアム誘致の署名活動ですが、茅ヶ崎駅前などで署名活動が行われいてることが、本日のタウンニュース茅ヶ崎版で報じられています。

タウンニュース茅ヶ崎版(11/9)「スタジアム誘致へ署名活動 駅前などでPRスタート」
https://www.townnews.co.jp/0603/2018/11/09/456687.html

署名の目標は5万人としていて、今後も街頭でのチラシ配布のほか、市内の店舗や商工会議所のHPからも入手できるようにするとしています。
(現時点で商工会議所のHPからは入手できません。)

茅ヶ崎にスタジアムを誘致する署名活動が始まっています。

以前にお伝えした茅ヶ崎商工会議所などが中心となった「湘南スタジアムを茅ヶ崎に誘致する会」の署名活動が始まっています。
以下のリンク先にあるイベントは既に終了してしまっていますが、また情報があればこのHP等でお伝えします。

茅ヶ崎で新スタジアム誘致に向けたシンポジウムが開かれました。

9月21日に茅ヶ崎商工会議所内の「茅ケ崎魅力向上まちづくり委員会」が主催の「茅ケ崎誘致シンポジウム」が開催されています。

これは現在、湘南スタジアム研究会が検討を進めている新スタジアムを平塚市へ誘致しようという動きで、スタジアムが茅ヶ崎に与える効果についてパネルディスカッションが行われたりした模様です。

このシンポジウムを機に、行政へ誘致の賛同を求める署名活動をスタートするとも報道されています。
詳細については以下の記事をご参照ください。

タウンニュース茅ヶ崎版(9/28) 「ベルマーレ新本拠地を誘致へ」
https://www.townnews.co.jp/0603/2018/09/28/450585.html

※以下は10月10日追記分です。

今回茅ヶ崎で開催されたシンポジウムについて10月9日付の神奈川新聞Web版に詳細が記されているため追記します。

神奈川新聞(10/9)「ベルマーレ新本拠地 茅ヶ崎が誘致へキックオフ」
http://www.kanaloco.jp/article/364675

神奈川新聞の記事によると今回のシンポジウムはスポーツのほか、コンサートなどにも活用できる複合施設としてのスタジアムの存在意義を考える内容で、約280人が参加したと伝えられています。

また「湘南スタジアムを茅ヶ崎に誘致する会」が発足し、茅ヶ崎市長宛にスタジアム誘致を求める署名活動を12月まで実施し、年度内に請願を出すスケジュールだとしています。

ゴール裏の座席設置についてクラブからの発表がありました。

8月24日に平塚市から発表のあったShonanBMWスタジアム平塚のゴール裏に湘南ベルマーレが座席を設置する件について、昨日(8/26)クラブからも発表がありました。

湘南ベルマーレ(8/26)「Shonan BMW スタジアム平塚 サイドスタンド観客席設置及び「RIZAPシート」開設のお知らせ」
http://www.bellmare.co.jp/199968

今回設置される観客席については「RIZAPシート」と名付けられ、自由席として販売するとされていますが、販売価格は未定となっています。

なお今回の観客席はホーム、アウェー側それぞれに708席設置され、立見席は1,416席となることで、各ゴール裏ともに2,124席となることも発表されており(現在はそれぞれ2,300席)、一部報道では設置費用は1憶4,000万円と伝えられています。

神奈川新聞(8/27)「J1湘南が本拠地改修へ 両ゴール裏一部に座席を設置」
http://www.kanaloco.jp/article/356458

スポーツ報知(8/26)「【湘南】本拠地に「RIZAPシート」を新設」
https://www.hochi.co.jp/soccer/national/20180826-OHT1T50210.html
 

Shonan BMW スタジアム平塚のゴール裏に座席が設置されます。

本日、平塚市よりShonanBMWスタジアム平塚のゴール裏に座席が設置されることが発表されました。

この発表によると観戦環境の向上のため、湘南ベルマーレが費用を負担し、ホーム、アウェーのゴール裏のそれぞれの両サイドに各354席(合計1,416席)の観客席を設置するとしており、工事期間は今年の10月1日から13日としています。
また完成後、検査を経て、10月20日の第30節北海道コンサドーレ札幌戦から使用予定となっています。

なお設置される席は合計1,416席ですが、設置場所が元々立見席のため、4カ所合計で収容人数が352人減ることより、ShonanBMWスタジアム平塚の収容人数は現在の15,732人から15,380人になるとしています。
また設置される座席は「奥行12段、横30列(最後列のみ階段の影響で24列)354席のユニット型観客席」と記載されています。

今回の観客席の設置については、まだクラブからのアナウンスはありませんので、現時点では実際にどういう運用をされるかは分かっていません。
今後、クラブから発表があった場合には本サイトでも改めて報告いたします。

・平塚市記者発表(8/24)「Shonan BMWスタジアム平塚サイドスタンドに観客席の設置を許可します」
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/press/page02_e00001_00455.html

実際に設置される場所や座席については記者発表内にあるPDFファイルで見ることができます。
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/common/200033041.pdf