スタジアム改修アンケート結果について

By   2014年6月4日

 

サポーターズ協議会ではスタジアム改修の具現化を目指し以下の調査概要にてWebアンケートを行いました。本調査結果について報告いたします。

期間:2014年4月 17日 ~2014年5月11日

方法: インターネット

回答者数:919件

1       回答者の年代について

インターネット調査という特性上、30代(29%)20代(27%)40代(26%)の順に多く20~40代で全体の8割を超える回答者の傾向となった。

 

 

2       利用頻度について

回答者のスタジアム利用頻度は、シーズンチケットを保有するような「1年に10回以上利用する」回答者が53%と過半数を超える結果となった。

また、「何年かに1回か2回」という回答者が次に多く(21%)、アウェーからの来場者からの回答も得られたと考えられます。

 

 

 

3       観戦場所について

回答者の観戦場所については、熱狂的なサポーターが多く集まる「ホームゴール裏8G」が最も多く36%を占めた。次にホーム側のサポーターが集まる「バックスタンド7G」「メインスタンド(屋根がない部分)」の回答者が多くそれぞれ21%を占めた。

これらのエリアは、サポーターが多く集まるエリアであり全体の78%を占める結果となった。

 

4       改善内容について

スタジアムで改修すべきポイントについて下記の項目より選択式でアンケートをとった。

選択肢

回答数

割合

車椅子やベビーカーでも移動しやすいバリアフリー化

211

8%

ピッチとスタンドの距離を短くした臨場感のあるスタジアムへ

581

23%

スタジアム全体を一周でき一体感のあるスタジアムへ。また、より広いコンコースを設置する。

216

8%

収容人数が2万人以上のスタジアムへ

222

9%

視界を改善するための改修(例:二階席の設置、ゴール裏をメインスタンド、バックスタンドと同じ高さに)

571

22%

雨をしのぐための屋根をスタジアム全体に設置する。

713

28%

その他

53

2%

 

 

 

 

5       自由記述による回答

自由記述欄への回答者はコメント総数は203件でした。
それぞれを分類分けした結果(1つコメントで複数分類もあり)は
以下のとおりです。

l         専用スタジアムを望むもの(臨場感のあるスタジアム)46

l         ゴール裏の改善(傾斜つけるなど、アウェーも含めて)33

l         屋根の設置 29

l         トイレの改善(汚い、照明が暗いなどの意見多数)23

l         バリアフリー 20

l         競技場の改修(スタンドの増設、トラックの撤去なども含む)15

l         税金など資金面のアイデア、心配など 12

l         災害への対応拠点としての改修 12

l         できるだけ急ぎ(時間的に早くを願う)9

l         駐車場の増設・立体化、アクセス改善 8

l         コンコースの拡張 5

l         スタジアムの老朽化への懸念 5

 

以下、自由記述についてはこちらを参照してください。

アンケート結果(PFFファイル)

このたびは短い期間にも関わらず多くのご協力をいただきありがとうございました。

アンケート結果(特にPDFファイル)の自由記述欄にはアウェーサポーターの方も含め200件を超えるご意見をいただきました。
その声をうけ、平塚市長あるいはホームタウンへ要望書という形で提出いたします。

このたびはありがとうございました。