平塚市長に対して「質問・要望書」を提出しました。

By   2015年8月21日

今回8月20日付けで湘南ベルマーレサポーターズ協議会から平塚市長に対して、スタジアム問題についての「質問・要望書」を提出しました。

5月に平塚市より「ShonanBMWスタジアム平塚改修検討会議」の報告書を受領しましたが、「具体的な改修スケジュールを定め、早期の改修を行う必要がある」とされているため、その後の対応進捗状況について今年度以降のロードマップの明示などについて質問をしています。

一方、改修検討会議改修案の具体化に対して要望を出しています。今回の改修案については、基本と考える改修案2の場合では、ゴール裏の観戦環境が全く改善されていないなど、これまで署名活動等を通じて求めてきたものからすると不十分であると考えています。

また改修案2では収容人数を17,000人としていますが、今シーズンは既に観客が14,000人を超える試合が3試合あり、リーグ戦1stステージの平均入場者数は12,000を超えていてるため、将来的な伸長も加味すると不十分な数字と考えています。

また改修検討会議の報告会等で出た、専用スタジアムの新設等も視野に入れた今後の街づくりへの要望も付け加えさせていただきました。

「質問・要望書」の内容については、リンク先のPDFファイルをご参照ください。

要望質問書(PDF

また8月20日に行われた落合平塚市長の8月定例市長記者会見において、9月補正予算でShonanBMWスタジアム平塚の一部施設の改修、および観客席増(154席)を計上していることが表明されています。

会見の内容については以下の平塚市HPをご参照ください。

http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/press/pres20150130.htm