スタジアム研究会に関する報道について

By   2016年12月1日

この2ヶ月余りの間に各メディアにおいて、ベルマーレのスタジアムに関する報道がされています。


日刊スポーツ(9/29)   
「湘南2万人新スタジアム 平塚、藤沢など候補に検討」
http://www.nikkansports.com/soccer/news/1717014.html

朝日新聞(11/9)
「増収へ新スタジアム建設 湘南ベルマーレが検討」
http://www.asahi.com/articles/ASJC76WWDJC7ULOB01R.html

タウンニュース平塚版(11/17)
「ベルマーレ 新スタジアム検討へ 第三者委員会で可能性を模索」
http://www.townnews.co.jp/0605/2016/11/17/358450.html

今回発足する「湘南スタジアム研究会」は第三者委員会であり、今後1年かけて湘南地域にサッカー、ラグビーの試合と、コンサート等のイベントが開催できる2万人収容規模のスタジアム建設の可能性を模索するとしています。

なおこのスタジアム研究会の動きについて、11月24日の落合平塚市長の定例記者会見で質問がされています。
  
(質問の内容についてはリンク先のページ、下部にあります。)
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/press/pres20160193.htm

この記者会見の内容については11月25日の読売新聞で以下のように報じられています。
「市長「ベルマーレ、平塚に残って」・・・競技場計画」   
http://www.yomiuri.co.jp/national/20161125-OYT1T50063.html   

今後、スタジアム研究会について、新たな動きなどありましたら、このHPでもお伝えしていく予定です。