見附台地区の土地利用計画に係るパブリックコメント募集の結果が公表されています。

By   2017年3月9日

昨年12月2日から今年1月4日まで募集されていた平塚市の見附台周辺地区の土地利用計画に係るパブリックコメント実施結果が平塚市HPに公開されています。
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/sumai/page54_00001.html

提出された意見89件のうち、スタジアムに関するものは29件ありました。
報告書の詳細は以下のリンク先をご参照ください。
http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/common/200004406.pdf

大半の意見が同様意見としてまとめられていますが、報告書には以下の4つの意見が掲載されています。

・サッカー専用スタジアムを作ってほしい。(他6件)

・集客や地域への経済効果、子どもたちの夢やサッカーのすそ野を広げるためにも平塚の財産である湘南ベルマーレのサッカー専用スタジアムを作ってほしい。このまちのさらなる発展のためにも、スタジアムを建てることで地域の活性化に繋がると思う。(他9件)

・平塚市をより一層魅力のあるまちにするには、コンサートなど様々なイベントも開催可能なサッカースタジアムを建設してほしい。駅にも近く集客も見込め、若い人たちが居住して子育てをできるまちにするための魅力のひとつができると思う。(他10件)

・民間に払い下げるとか等価交換とかで、湘南ベルマーレの新スタジアム建設資金に役立てたほうがよい。その方が平塚市の発展に寄与できると思う。

これらの意見のうち上記3つ(施設計画について)については、以下のような「市の考え方」が掲載されています。

・全国にあるサッカー専用スタジアムを参考に、建設の可能性を探りましたが、最も広い敷地面積のAブロック内でも収まらないことや、都市公園法上、不可能という結論に至りました。

また敷地の払い下げについての意見については、売却する予定は無いとしています。

今回のパブリックコメント募集結果については、残念ながらスタジアム建設へ前進する内容ではありませんでしたが、意見の送付にご賛同いただいた皆様には御礼申し上げます。
スタジアム環境の改善には小さな行動の積み重ねが必要と考えていますので、今後も皆様のご協力よろしくお願いいたします。