湘南スタジアム研究会の最終の会合が開かれ、クラブへ最終候補地が答申されました。

By   2018年5月22日

5月21日に湘南スタジアム研究会の最終となる第7回会合が開かれ、最終候補地4カ所がベルマーレに答申されたとの報道がありました。

最終候補地は公有地3カ所、民有地1カ所となっていますが、現時点では土地所有者や地元住民との調整が必要などの理由から、場所は非公開となっています。

今後は湘南スタジアム研究会の構成員を中心に7月から8月にかけて一般社団法人を設立し、これらの候補地について1年をかけ、より具体的な計画を策定し、来春を目途に進展があれば候補地も公表されると伝えられています。
なお一般社団法人の理事には、設計事務所、ゼネコン、音楽事務所も加わり、RIZAPグループにも参加を打診しているとされています。

神奈川新聞「湘南ベルマーレ新本拠地 研究会が4カ所を答申」
http://www.kanaloco.jp/article/333044

毎日新聞「J1 湘南ベルマーレ 新スタジアムの候補地 4カ所に 答申」
https://mainichi.jp/articles/20180522/ddl/k14/050/033000c

建設通信新聞「湘南スタジアム研のベルマーレ本拠地/建設候補地は4カ所」
https://www.kensetsunews.com/archives/192455

朝日新聞「新本拠地具体化へ新法人 ベルマーレ 候補地は4カ所に」
※現時点でWebでの記事配信はありません。